最近のトラックバック

« たしかにあたたかくなっている・・・ | トップページ | チャベス大統領死す・・・ »

冬のスポーツも新しくなっている模様

冬のスポーツも年々新たな種目・内容が現れてきている。

スキーからボードとなって、意外にも、スキーでのハーフパイプなんていう種目ができているらしい。

スキーは基本的に重力を利用したものだ。

崖を降りることは、落下していくようなものだろうし、滑走もスロープを走り去る競技だし・・・。

位置エネルギーを利用するものばかりである。この意味では、省エネスポーツでもある。

ただ、道具を使うという意味で、基礎的な人間の体力をカバーしていける種目でもある。冬のスポーツでのもう一つの主役は、雪とか、氷である。

スロープを人工的につくっていけば、雪も氷も人工でもう技術的には問題ない。だが、面白さとい点ではまだまだ自然にはかなわないだろう。

興味本位での冬のスポーツを常夏の土地へ誘致するのはいかがなものだろうか。需給関係次第だとエコノミストらは言うだろうが、どうももう一つピンとこない。

南極や北極に「温水プール」をつくる発想とはどんなものだろうか。

そこに「スケート場」や「スキー場」をつくることとあまり変わらないかもしれない。

温度をすごく上昇させる空間をつくると言う意味では、極寒の地では温水プールもスケート場もあまり変わらない範囲なのではないか。

自然をうまく利用すること、過去のひとの知恵を大切にしていくことが、どんなスポーツでも大切だ。

スキーハーフパイプでは、3位入賞だというニュースだった。

« たしかにあたたかくなっている・・・ | トップページ | チャベス大統領死す・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬のスポーツも新しくなっている模様:

« たしかにあたたかくなっている・・・ | トップページ | チャベス大統領死す・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ