最近のトラックバック

« 中国政府指導体制の行方 | トップページ | 松坂開幕メジャー断念やむを得ずか? »

ひとの生き方

ひとの生き方には、いくつのものがあるのか。

おやじの生き方はどうだったか。おふくろさんの生き方はどうだったのか。

そして、おおくの先人たちの生き方はどんなものだったのか。

そこには、苦悩はあっただろうか。たのしい人生だっただろうか。

どうだっただろうか。

ひとの生き方はみなひとりひとり違うだろうことは、想像できるが、あまり違わないかもしれない。みんな生まれて、自我に目覚めて、いろいろなことを考えて、失望し、夢を抱いても、また破れてしまうことなどを経験していきている。

生き方を必要としなくなるとどうなるのだろうか。

自我を失う。人生において、自分が何者かを忘却すること、自我が消滅することが、細胞の劣化という現象を通して一般的になっている。

なぜか。恐怖を抱かないために、ひとの機能のひとつとしての防御なのかもしれない。

赤ん坊に戻って消滅することなのだろうか。

土に戻るってことが大事なのだということか。

ひともほかの生き物も、みんなこの点においては共通しているようだ。

大地から生まれて大地に戻る。無機にもどる。有機から無機になる。

たましいもつまりは、無から有となったものの一つであることに代わりはない。

使える間は、十二分に使いたい・・・と、私は想う。

« 中国政府指導体制の行方 | トップページ | 松坂開幕メジャー断念やむを得ずか? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひとの生き方:

« 中国政府指導体制の行方 | トップページ | 松坂開幕メジャー断念やむを得ずか? »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ