最近のトラックバック

« 日本ウナギ; 密漁、乱獲のトラップへ突入か? | トップページ | スーパーとつければなんでもありの日本? »

日韓; 破滅へのシナリオ

もうまさに破滅への急坂を転げ落ちているというところだろうか。

昔、李承晩ラインがあった。

日本漁船は拿捕されて、その理不尽さに悔し涙を流した。

撤廃された。

なぜだったのか。

あまりに理不尽なことに気付いたのだし、日韓という経済関係の将来性が道を開かせたようだ。

ヘイトスピーチなんて言わなくとも、片方が極限的に嫌悪していれば、そこにアプローチすることは不可能になる。

それを否定することは、非国民よばわりされてしまうような事態に陥ってしまっている。

同じ拉致という被害を協力して解決する立場も、底の抜けたヘイトというドロ船になってしまっている。

危機意識の不足が、いとも簡単に対立へと進むのが、今の国際社会である。

与するものがいて、対立をあおるのだ。なんでそうするか。混乱の国際社会を望んでいるからだろうか。

覇権を如何に勝ちとるかという命題のためにであろうか。

終局的には、北朝鮮をどっちが味方につけて戦争に突入するか・・・なんていう、おぞましいシナリオにほくそ笑むのはだれだろうか。

そうなれば、北の若き独裁者はそのあとの国際社会での米国大統領のようになっているのかもしれない。

悪の枢軸と呼ばれた過去の栄光をどう誇らしげに評価し、称賛するのだろうか・・・。

もう考えるだけで、想うだけでいやな世の中になっている。

ふうっ・・・と息を吐いて、深呼吸だ。

そんなあってはならない愚かなことを・・・、だれが・・・。

« 日本ウナギ; 密漁、乱獲のトラップへ突入か? | トップページ | スーパーとつければなんでもありの日本? »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日韓; 破滅へのシナリオ:

« 日本ウナギ; 密漁、乱獲のトラップへ突入か? | トップページ | スーパーとつければなんでもありの日本? »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ