最近のトラックバック

« 第五回東京アフリカ開発会議(TICAD V) | トップページ | ワールドカップ混乱・・・ »

棚上げ論は強者の論理・・・

核心的利益は下ろさない。

だが、早急に解決の糸口が見えないもの、すなわちすぐに軍事力で抵抗を抑えることが適当でない事象は、棚上げするということのようだ。

強いものだから、相手の弱者の気持ちをくんで配慮している・・・なんとも、賢い計らいなのだろうか・・・と、感謝する我が国でもあるまい。

だが、魚をとる漁民が軍艦に追われては、仕事はできない。

強者の論理でものごとを進めると、弱者を踏みにじることが平気になるらしい。

弱者が反抗してきたら、仕方なく平定するために軍事力を使わざるを得なかったのだという、客観性がでるのでこの方法がとられることが多いようだ。

被害は相手の態度次第でいかようにも説明できるし、こんなに都合のいい理由・根拠はなかなかない。

また、通常弱者は棚上げで緊急事態が解除されたような錯覚に陥ることから、棚から牡丹餅のように手軽にあっちから入り込んでくることもある・・・。

落ち目の国には追い打ちをかける。上り調子の国には、ホメゴロシという手法がいい。

みんな米国が使ってきた手だ。

中国と米国、ロシアはそんな手練手管の入り組んだグループであるのだろう。

« 第五回東京アフリカ開発会議(TICAD V) | トップページ | ワールドカップ混乱・・・ »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 棚上げ論は強者の論理・・・:

« 第五回東京アフリカ開発会議(TICAD V) | トップページ | ワールドカップ混乱・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ