最近のトラックバック

« 成長戦略のカギ? | トップページ | 小国を併呑する・・・ »

補償金におぼれる・・・

奪われてしまったのだ。

あの時に、生活の場を甘ごとにほだされて、お金に目がくらんだという言わないが、選択の余地は感情論だったのだ。

だって、だれだってもしも・・・ということを考える。

俺たちだって、同じだ。

それに、公共のためのインフラ整備なら、原発も埋め立ても、地先の漁場がなくなってもそれは仕方のないことだ。

反対しても、地域のため、公共のためと言われては、どうにもならない。最後は賛成するしかない。もちろん見返りとしての補償金がそのいいわけになる。

だが、生活の場は、おれたち世代だけのものではない。

持続的な空間が必要なのだ。そこで生まれて育つこととは、生活のための糧を得て、伴侶を得ていける土地のことだ。時間は、ずっと祖父母やその前から流れてきている土地だ。

生活の場、それをどうやって確保するか。

原発だけではない。いろいろなインフラをどうやって整備するのか、しないのか。

生活の場をどうするのか、自然の営みを阻害しないという方法もある。

だが、それは自然災害もいろいろだ。

津波もあれば、がけ崩れもある。

どこにいても、それはひとの暮らしがあるかぎり、付随するものかもしれない。

補償金で釣ってはいけない。また、つられることもいけない。

そこに理がなければ、一時的な利という補償金は、未来を保証はしない。

« 成長戦略のカギ? | トップページ | 小国を併呑する・・・ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 補償金におぼれる・・・:

« 成長戦略のカギ? | トップページ | 小国を併呑する・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ