最近のトラックバック

« シリア・・・; 米ロの狭間でどうなるのか? | トップページ | 放射能というものの扱いが基本だ »

イタリア戦; コンフェデ杯

期待していいものかどうか?

疑問符がつくのはいつものことだ。

どうせ勝つ・・・とか、どうせ負けるとか・・・。

いずれにしてもどっちかだ。

たとえ勝ったとしても、本当に強くなったのか、これからもどんな相手でも勝つという機運があるのか。

でも、まけると・・・、しょんぼりで「勝てない、まだ駄目だ、永久にだめだ・・・」となってしまうのはなぜだろうか。

勝負事とは、単純明快だ。強くても、勝ち運がないとだめなのだ。

弱くても、棚から牡丹餅なんていうこともある。

勝利は、どっかから落ちてくるものなり。

すべてを捨ててみていた、なでしこの米国戦で、沢選手の右足にあたったコーナーからのボールがゴールした・・・。そんなことも起きるのだ。

強い方が、弱い相手、格下と言われる相手よりも戦いがいがあるのではないか。

ましてや、世界の協力チームが、その品定めに注視しているのだ。

そこで奮起しないわけはない・・・。

ザックジャパンは、イタリア戦のためにある・・・なんて、試合後に言えるなら最高かもしれない。

ガンバレ。ニッポン・・・。

« シリア・・・; 米ロの狭間でどうなるのか? | トップページ | 放射能というものの扱いが基本だ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリア戦; コンフェデ杯:

« シリア・・・; 米ロの狭間でどうなるのか? | トップページ | 放射能というものの扱いが基本だ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ