最近のトラックバック

« 政治への関心 | トップページ | 「なぜ」「?」のイメージ »

大谷投手で2勝目、日ハム

こんな記事をみると日ハムの印象が極めて高くなる。

ダルビッシュ投手も日ハムだった。

今は、リハビリに耐えてる斎藤祐樹投手もそうだ。ハンカチ王子とは今はだれも言わないだろう。後輩がどんどんと活躍し注目を浴びる中で、同年代のライバルたちが活躍している中で、これからどうちからを出してくるか期待できる。

日ハムはいいチームなのではないか。

昨年のシリーズ覇者でもある。

どんな選手の育成になるのか、本人の意思決定に大きなアドバイスができていると想うのだが、どうだろうか。

はじめての挑戦だろう。

みんな名選手は投手であれ打者であれ、投打に優れた選手だったものたちの集まりではなかったか。だが、だれも二足のわらじをはいたものはまだいない。

一軍でそれを実践しようとする試みがなんとも頼もしい。

チームの責任者はもとより、スタッフや同僚のプロとしての経験などが、蓄積されているはずだ。それでも、すぐにノーとはいわないチームの姿勢がいいと私は想う。

« 政治への関心 | トップページ | 「なぜ」「?」のイメージ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大谷投手で2勝目、日ハム:

« 政治への関心 | トップページ | 「なぜ」「?」のイメージ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ