最近のトラックバック

« TPPは何のため? | トップページ | 癒着; 政財界か、それともみんなの腸内のことか? »

海の幸のすみかたること・・・

沿岸や海上における開発の中心は、やはり「海の幸」であろう。

昔はすぐ地先でアワビや魚が獲れた・・・。

でも、港や護岸、埋め立て、海上空港ができてから、潮の流れが変化し、まったく昔とはちがう海になった。

ほんのちょっと、開発するときに、海の幸をどう維持するかという発想があれば、それは必ず資源の復活や、新たな資源の参入も可能なのだと、だれも考えないのだろうか。

水産分野には水産土木や、水産水域環境というものがある。

なぜ、これらの知識、知見を活かさないのか。

ただ、知らないから・・・なのかもしれない。

海の幸は、どんどん離れていく・・・。

« TPPは何のため? | トップページ | 癒着; 政財界か、それともみんなの腸内のことか? »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海の幸のすみかたること・・・:

« TPPは何のため? | トップページ | 癒着; 政財界か、それともみんなの腸内のことか? »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ