最近のトラックバック

« 群集心理 | トップページ | 日本人の働き方に疑問・・・ »

世界柔道

約束されたメダルなんてない。

日本代表選手になれるひとは、その時点で実力者であり、心身ともに秀でている存在なのだ。

それでも負けることはある。

勝てなければ負けているということだ。そんなこと百も承知なのだが、五分五分のちからがぶつかり合うと、そこにはちがうものが加味される。

ほんのちょっとした油断だろうか。

負けるかもしれない。こいつ強いかも、俺負けるかも・・・。

そんなことが頭にあったら必ず負けることになる。

強き一遍どうではなにもならない。そこに繊細な勝負に対する信念がないとだめなのだ。

全柔連の改革が、選手のはげみになっている。

高藤選手、海老沼選手が金メダル獲得だと・・・。

そして準決勝でやぶれた浅見選手、福岡選手は敗者復活で勝利し、銅メダルだそうだ。

今のところ、出場選手が全員、表彰台へと進んでいる。

この勢いは、続くか・・・。

« 群集心理 | トップページ | 日本人の働き方に疑問・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界柔道:

« 群集心理 | トップページ | 日本人の働き方に疑問・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ