最近のトラックバック

« 原発事故の克服はマスト項目だ・・・ | トップページ | 成績の悪い学校の校長の氏名を公表したい?と静岡県知事 »

メダリストだけではない・・・東京五輪・パラ輪

招致活動の熾烈さが、新たな才能を発掘したのではないか。

連日、報道されている佐藤真美さんのスピーチは、たしかに感動を与えるものであった。

それは、経験しなければ分からないものであり、そこにたどり着くことは、日常生活では容易ではない。なぜならば、ひとは自分の苦しみや悲しみを表にだして訴えることに躊躇するからである。

嗤い物にはなりたくない。できれば知らんぷりしていたい。そう想うからだ。

かわいそうだと言われたり、思われることがその表情でわかるのが、とてもつらいからだと私は自分に重ねて想うことがある。

スポーツとは何か、オリンピックとかパラリンピックとは何かと考えると、そこには栄光とか、たゆまぬ努力と精進などの言葉が、すぐに浮かんでくる。

だが、スポーツの祭典は参加することに意義があるのだと、かの人は言ったのだ。

だが、それはみんな忘れている。金メダル至上主義という世情では、メダリストではない、オリンピックではなくパラリンピックの選手だったということから、だれもその招致にかかわる代表メンバーにノミネートされるなんて、想いもしなかっただろう。

だが、その佐藤さんの笑顔は、そういうギャップが何もないのだ。骨肉腫で右足を切断したという話しは、だれしも唖然とし、絶望を味わったというその気持ちをすぐに察することができるものだ。

だが、それらを跳ね返した過去が、ああいう国際舞台でのスピーチにそのままの気持ちで表現できた大元であると、私は感じた。

上層部の思惑に沿う演技をすることができるのかどうか。そんな不安がふつうはある。だが、そこにひととしての情熱が素直に引き出されていた。

上から目線で批判するひとが、今回はあまり目立たなかったというのが、勝因ではないだろうか。

リスクはいっぱいある。だが、それらをどう心配し恐怖を抱いても何をしても、それは現実になるまではわからない。その対処は、ハードで最小限、できる限りのことをするにしても、最期はひととしての覚悟である。日本国民としての覚悟で、そこに焦点をあてて、アスリートとその競技や演技をサポートするひとたちを支援していくことである。

それが2020の東京だ・・・。

« 原発事故の克服はマスト項目だ・・・ | トップページ | 成績の悪い学校の校長の氏名を公表したい?と静岡県知事 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メダリストだけではない・・・東京五輪・パラ輪:

« 原発事故の克服はマスト項目だ・・・ | トップページ | 成績の悪い学校の校長の氏名を公表したい?と静岡県知事 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ