最近のトラックバック

« ちがう見方もある・・・ | トップページ | バルト(把瑠都)関の引退28歳だって・・・ »

ギャップを感じさせない・・・素直さ(生きることへのこころ)

世の中にはあるものだ。

信じられないようなことがあるものだ。

単に運が良かったと言いきれることではない。

わが身にふりかかった火の粉は厳しいものだ。

他者の一言一言が身を切るような痛みを、このわがこころに刻み込まれる。

その立場に追い込まれないと、わからないことが、この世にはあるのだ。

もう生きられない。希望なんてなくなる。どうやって死のうかなんてついつい頭の中にでてくる。だって、生きることの意味がなくなるのだし、光も見えないのだから、しかたのないことなのだ。

だが、悔しい・・・、くやしい・・・。くやしいのだ・・・。

ギャップを表面に出さないようになるまでには、だから、道のりが必要だ。忘れること、現実をそのまま受け入れること、もしかしてダメになるとするなら、もしかして良くなるということもあると覚悟というか、とにかく悟ることだ。

今、こうして生きていることに・・・、カンシャってことかな・・・。そんな時に大切なもうひとつの言葉は「ケセラセラ・・・、ナルヨウニナルサ・・・」ってことかもしれない。

« ちがう見方もある・・・ | トップページ | バルト(把瑠都)関の引退28歳だって・・・ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギャップを感じさせない・・・素直さ(生きることへのこころ):

« ちがう見方もある・・・ | トップページ | バルト(把瑠都)関の引退28歳だって・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ