最近のトラックバック

« ポリティカリィ・コレクト? | トップページ | 才能は揺らぐのか? »

諫早湾開門問題の行方・・・

諫早湾の干拓で農業開発事業がすすめられた。

だが、海は遮断されてしまい、漁業者は漁業操業の場を奪われた。

海域は閉鎖部分が活性を失うのは当然だ。

どっちにするのがいいのか。

長い目でみれば、自然のままに残していくことが望まれるはずだ。

だが、秋田県の八郎潟にしろ、諫早にしろ、一度閉鎖してしまったものは、ひとの手でまたもとへもどすのは簡単ではない。

土木工事とはシビルエンジニアリングというように、社会インフラ整備と大きく関っているものだ。

ただ、どうだろうか、人間の営みが途絶えるなら、数千年のうちにもとへと戻っていくのではないだろうか。

それとももっと大きな地殻変動や火山活動で島そのもの、大陸そのものがまた動くことは疑問の余地はない。

一時的な自然の変動で地形がかわるのは、あまり大きな変動ではない気もする。

ひとの活動があまりに砂上の楼閣的だということだろうか。

« ポリティカリィ・コレクト? | トップページ | 才能は揺らぐのか? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 諫早湾開門問題の行方・・・:

« ポリティカリィ・コレクト? | トップページ | 才能は揺らぐのか? »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ