最近のトラックバック

« 日米開戦の1941年12月・・・喜色満面だった? | トップページ | もういやだ・・・猪瀬都知事のはなしは・・・ »

入札補償金(ビッドボンド)

日米野球界での協約で、上限設定だと・・・。

ある新聞でコメントしていたのは、米国の30球団がすべて入札に参加するかも?というものだった。

成約すればもうけ物、そうでなくとも損失金はゼロっていうことを言っているのだ。

入札でうまくいかなくても・・・というのは、ない。

だから、そこには補償金を出すってことだ。

現実的に、勝ちを獲得できる投手の存在は大きい。

だから、全部を交渉しろというのはおかしい。

条件を検討するだけでも無駄な時間がすぎていくではないか。もっと具体的な現実論での対応をしてほしいものだ。

総論賛成、各論反対とは、無関係なやつらほど騒ぐという証明のようだ。

だが、シナリオを考えてみるがいい。

いいものはその商品価値も高いと評価される。だから、そこで懐具合が悪ければ、太刀打ちはできない。そして、なによりも商品ではあるものの、ひとにはこころも好き嫌いもあるし、環境面での条件のよしあしも大きいものだということだろう。

« 日米開戦の1941年12月・・・喜色満面だった? | トップページ | もういやだ・・・猪瀬都知事のはなしは・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入札補償金(ビッドボンド):

« 日米開戦の1941年12月・・・喜色満面だった? | トップページ | もういやだ・・・猪瀬都知事のはなしは・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ