最近のトラックバック

« 日本を滅ぼすにはタイムマシンで敗戦時まで戻すことだ・・・ | トップページ | 外形的事実で辞職に足る・・・;5000万円問題 »

アサギマダラ

あんな小さな蝶が、数千キロメートルの海原を超えてくるのだという。

なんでわかるのか。

それは、南の島で蝶をとらえて、羽にマークを入れるからだ。

台風に遭遇したらどうやって生命を維持するのだろうか。風で巻き上げられて、吹き飛ばされている姿は容易に想像できる。

だが、たぶん知恵があるのだとおもう。

どんなものだろうか。

数だろうか、小動物の知恵は、数に依存ということは多いのだ。

小市民は、どんな知恵で巨大ひとと競い合うことができるのだろうか。

ヤクルトと巨人?

いや、どっちが小でどっちが巨か、この場合は不明だ。

菌の力、金のちから、口のちから、あとなにがあるか。ICTの力、運ぶ力、売る力、そんなところか。

アサギマダラに申し訳ないような内容になった。

だが、その存在はうれしいニュースだ。

スポーツにアサギマダラのマラソン大会を仕込んではどうだろうか。

« 日本を滅ぼすにはタイムマシンで敗戦時まで戻すことだ・・・ | トップページ | 外形的事実で辞職に足る・・・;5000万円問題 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アサギマダラ:

« 日本を滅ぼすにはタイムマシンで敗戦時まで戻すことだ・・・ | トップページ | 外形的事実で辞職に足る・・・;5000万円問題 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ