最近のトラックバック

« ディジタル教科書・・・ | トップページ | カーママとマー君 »

増と減; 国民負担

国家財政に責任があるのは、だれだ・・・。

毎年、蓄積される赤字予算を計上しているのが許されるのだろうか。

たしかに、国家は破産しないというが、そうでもない。

国家の破産とは、無法地帯と化すことであろう。

なんのメリットもない集団、そういう位置づけになるのではないか。

とすると、国家はもう崩壊する。

税金の増額と減額はどうなる。負担は変わらないということではなく、全体としての増額が望ましいということだろうか。

税金問題は、選挙に密接に結びつく。政治のかなめなのだ。

だから、多数派への媚びがどうしtも働くらしい。多額の納税者への媚びも同様だ。

増減をどうコントロールするかが、政治家の生命線になる。

国民負担はどうなる。国債はもう一千兆円という大枠を超えている。大きな債務だ。こんな国は世界にない。日本だけなのだ。

平気でいいのか。

返済しなくていいのか。国家だからいいのか。

大きな負担を抱えて、それを乗り越える必要もないと説く経済学者や、政治家がいるのは、なんとも情けない限りだ。

国家は決めたものでもなんでもご破算にできる・・・ということのようだが、それは信義を欠く国家のことでしかない。日本はそんな国家ではない・・・。

« ディジタル教科書・・・ | トップページ | カーママとマー君 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 増と減; 国民負担:

« ディジタル教科書・・・ | トップページ | カーママとマー君 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ