最近のトラックバック

« 獅子身中の虫・・・ | トップページ | 計算違いの衝突リスクを演出する? »

米国を米国たらしめる野球

やっぱ、野球の国だ。

その才能を限りなく追及する。

そこにメジャーのメジャーたる理由がある。

野茂投手が如何にして、そこにゆめを追ったか、今はみんな理解している。

だが、今も日本球界の大御所と言われるひとたちの中には、老いて堅くなった頭でけなすものもいる。

伊良部投手はヤンキースで活躍していた。辛いことだが、引退後、いのちをたった。だが、その栄光は消えない。その後、イチロー選手、松井選手など日本の名選手、名投手と言われるひとたちがメジャーへと移っていった。

今、再び、日本球界でプレーしている選手も多い。

松坂投手、ダルビッシュ投手、もちろんうまく力を発揮できなかった選手もいるが、そこを目指したとか、目指すというその意思はすごいと、私は考えている。

結果はその時点ではわからない。だから覚悟する。

いい面だけではない。

ひとはどこにいってもその技術、評価される対象となる品物をしっかりと持っていることが重要なのだ。

ところ変われば水が変わる。だから、ひとが違う土地で活躍するには、その求められるものを第一にして望むことだ。

米国野球は世界一だと、みんな知っている。そのレベルは、しかしながら、米国だけで支えているのではない。

中南米諸国からの名選手が多いし、台湾、韓国、日本もその供給源である。だから、グローバル化しているのだ。今、日本球界では外人選手は珍しくない。

プライベートな事件を起こす外国選手もいるが、日本選手も同じだ。プロとしての心構えというものをしっかりと持つべきだというのは、共通して言えることだ。

だから、田中マー君がメジャーへと移籍が決まったのは、とてもうれしいことだ。うまくいこうが行くまいが、そこでの根性を持つこと、才能はあるだろうし、そういう評価がされたのだ。

何をしに行くのか、その移籍先チームを世界一にする・・・という使命を、発表の席で言いきった。ちゃんと認識して理解している。

そういう覚悟がなければ、だれも誘いもしないのが、プロの世界であろうか。その前におのれの気持ちがやはり一番なのだ。

他者依存ではもちろんプロの世界はだめだ。ちやほやされることで、舞いあがることもあろうが、プロのプロたるところでは、やはり本物のプロたるべきだ。

技術の勝負なのだ。

こころが通じること、それは成果を出すことだ。売り物としたところの技術畑でちゃんとその分の仕事をすることだ。

敵は、どこにでもいる。味方もどこにでもいる。

ただ、味方もふがいなさを露呈する選手には、厳しいのは、当然だ。プロの中のプロなのだから・・・、だから厳しいのだ。それよりも、一流選手はもっとおのれで厳しくしているのが常であろうか。

« 獅子身中の虫・・・ | トップページ | 計算違いの衝突リスクを演出する? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国を米国たらしめる野球:

« 獅子身中の虫・・・ | トップページ | 計算違いの衝突リスクを演出する? »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ