最近のトラックバック

« 北朝鮮はソチ冬季五輪に参加できず・・・ | トップページ | 新興国不安と米ドルの位置づけ »

刑事ドラマ

最近、刑事ものが多い。

凶悪犯ものが多い。

警察機構についてかなり詳しく語られている。

そこには元刑事とか警察官僚とか、多くの経験をもった人たちの考察が加わっているようだ。

現実味がある。

ということは、時間的にみれば、ずっと長いのだ。それを一時間ドラマとか二時間ドラマに仕立てるのは大変そうだ。

見ている方も、もう結末か・・・と思うと、つい時計を見る癖がついている。

この辺でそろそろ落ちをだしてくるだろう・・・という具合だ。

だが、時々、つんのめるようなことがある。

えっ、なんでこうなるの?

または、つづく・・・なんていうのもある。

事件に終わりはない。

社会があるかぎり、事件はなくならない。

そういう社会で、刑事ドラマとは現実とどのぐらいの関りがあるのだろうか。

ドラマはドラマといって、嗤って見ていられないようなものもある。

その辺は、個人の判断による選別が必要でありそうだ。

« 北朝鮮はソチ冬季五輪に参加できず・・・ | トップページ | 新興国不安と米ドルの位置づけ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 刑事ドラマ:

« 北朝鮮はソチ冬季五輪に参加できず・・・ | トップページ | 新興国不安と米ドルの位置づけ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ