最近のトラックバック

« 嘘八百? | トップページ | 不穏な空気が世界に漂う・・・ »

ソチの悲喜交々(ひきこもごも)

どうしてもオリンピックは4年に一回ということで、心理的な遊離がおきてしまうようだ。

そこが五輪の魔が差すという表現につながっている気がする。

こんどこそ金メダルという想いを、本人はもちろん、全国民がその想いでいっぱいだったのだ。

浅田真央選手なら、そうなるはずだ・・・。だって、4年間の苦労がすべてかかっているのだから・・・。そうなる・・・と。

だが、あまりにも結果は無残だった。なんで、どうして・・・そんなことがありうるはずがない。だって、だって、やれることはすべてやってきたはずなのだから・・・。

それでも、越えられない壁がある。

ひとは同じ状態で、とくに調子が悪くなくても、日々ちがう自分に気づいている。たまたまうまくいくこともあるし、まったく気がのらないこともある。

表向きのことがすべてではない。

ひとには波があるのだ。

それがひとなのだ。オリンピックだって同じだ。コンディションの調整に誤差が生じることもある。そういうものなのだ。

とにかく、怪我をしないこと。笑顔で終わること。

私は今まで多くのちからある名選手たちが、多くの挫折を味わってきたはずだと想うのだ。皇帝プルシェンコ氏も羽生選手が憧れていた、その人が、同じオリンピックのステージで直前に故障辞退というシーンがあったのだし、多くの名選手、金メダル確実なんていう選手たちが、そうはなっていないのだ。

この世の中、現実は本当に多様なのだってことを、私たちは学ぶことができる。

そこでしか学べないことがらが、ほんとうにいっぱいあるってことをみんなで自覚しよう。そして、明日の結果がどうであれ、浅田真央選手の健闘をたたえようではないか。

結果がどうであれ、笑顔で帰ってくることだ。それがヤマトナデシコである・・・。

« 嘘八百? | トップページ | 不穏な空気が世界に漂う・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソチの悲喜交々(ひきこもごも):

« 嘘八百? | トップページ | 不穏な空気が世界に漂う・・・ »

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ