最近のトラックバック

« できないことへの挑戦なのか? | トップページ | TPP交渉; パラダイムシフトが必要だ!! »

ソチの流行; 評価の傾向

マスコミが騒ぐ。

リードする選手が閉口する。

結果がだせない。

評価が偏るのではないかというのは、フィギュアスケートのいつものことだ。

今回は選手の疲弊が大きかったようだ。

浅田選手の調子がSPで発揮されなかった・・・。理由はだれにもわからない。

それが、上位陣に影響したあ。前評判の高い選手が自滅した。

二番手たちの成績が良かった。みんなすごい演技だった。

パーフェクトと見えたのは金銀銅の3人だった。だが、評価はちょっと異論もあるだろう。だが、キムヨナ選手は潔く、パーフェクトだった。

たしかにそれ以上にできがよかったロシアの選手は、大きなゆめをもっていたようだ。

ほかの演技でも、同じような傾向が見えた。

そんな心理的なことがオリンピックの場では重要になってきたようだ。そして、参加することに意義があるというクーベルタン男爵の言葉が胸に残るのはいつも同じだ。

ソチの流行っていうとなんだが、そんな気分もある。あと少しだ。楽しもうではないか。選手たちの活躍と今後の社会への貢献に期待しよう。

« できないことへの挑戦なのか? | トップページ | TPP交渉; パラダイムシフトが必要だ!! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソチの流行; 評価の傾向:

« できないことへの挑戦なのか? | トップページ | TPP交渉; パラダイムシフトが必要だ!! »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ