最近のトラックバック

« 中国・・・ | トップページ | 政治と裁判 »

ピンポン外交

米中、日中の国交を回復させるための手立てはなんだろうか。

それは、国家の責任をもつリーダーの心構えである。

どんなひともそうだが、国も同じように、その意思をつなぐものの考え方、思想によっておおきくかわるのだ。

自分のことは自分たちでやる。

これが必要なのだ。

他者の悪口であったり、過ちの足を引っ張ることでは、その場しのぎにもならない。

逆におのれの足元をしっかりとみる目を忘れてしまうのだ。

国家のリーダーとは、なんだろうか。

どんどんと隣国や、大国を威嚇して、その活動を阻止してしまうのが、はたしていいのだろうか。

ピンポン外交のことは、以前聴いたことがある。

いずれにしても、打ち返すことで相手の努力が伝わってくるものだし、相手がいなければできないのだ。スポーツの中でも、相手がいないものは、極めて特殊なケースだけだろう。

それも評価採点ということでは、競技である。相手が不可欠なのだ。

相手をころすことで、スポーツが成り立っているような、相手に勝利するというような錯覚を抱いてしまうと、この世界はちっとも面白くないのだ。

« 中国・・・ | トップページ | 政治と裁判 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピンポン外交:

« 中国・・・ | トップページ | 政治と裁判 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ