最近のトラックバック

« 勝ち目を拾った余韻で進んだ国立競技場プラン | トップページ | ギリシャ問題 »

売れる選手たれ

今や、日本のサッカー選手たちは男女問わず、欧州へと向かっている。

売れる選手の数が増えているのだ。

プロとはなんとも不安定な職業集団だと思っているのは、古い世代のいじけた考えかもしれない。

どんどん売れる選手を育てる。

そこに価値がある。

はたして相撲の世界はどうか。

たしかにこの大相撲の場合はわかりやすい。才能そのものが、その体格と技量でわかるのだ。

序の口から、序二段、幕下とみて十両となるとそこに変化が見える。

十両になると力士という。給料がでる。幕内はその上だ。夢のゆめのような存在だ。

いま、世界の天才たちが日本の大相撲に集まりだした。とくにモンゴルはすごい。

横綱、大関、三役など、これって日本の国技なのかというのを疑わざるを得ない。

もともと蒙古相撲がある国だ。

ルーツは同じか。ひとも相撲もあるところからでてきたもので同じか。

強いものはそこに頑強な精神を要する。

だが、強さは個人的に私的におごりを生むようだ。

どんな偉大な記録をつくる力士でも、目標を超えてしまうと、そこにおごりがでてくる。

だが、下位の力士は虎視眈眈とその横綱の地位を狙っている。

このあたりの強さは、まるで目に見えるようだ。

からだが資本、そしてその強さの象徴でもある。

そして、強いものはやさしいこころの持ち主だと、世間は信じ切ってもいる。

満員御礼の相撲にさらなる発展を期待する。

« 勝ち目を拾った余韻で進んだ国立競技場プラン | トップページ | ギリシャ問題 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 売れる選手たれ:

« 勝ち目を拾った余韻で進んだ国立競技場プラン | トップページ | ギリシャ問題 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ