最近のトラックバック

« 日本の政治・・・ | トップページ | 将棋NHK杯を見た・・・ »

こどもと学校

学校って、楽しいところだった。

体育なんてあって、勉強しなくていい時間が大好きだった。図工とかもそうだった。

でも、学校には先生がいる。大勢の教育の専門家がいる。

でも、みんな普通の大人なんだっていうのは生徒にはわからない。

先生の子どもが同じ教室や隣にいたりすると、いいなあとうらやましかった。だって、当然先生の子どもは頭がよくて成績もいいって、当たり前に思っていたのだ。

でも、気難しい先生もいた。廊下で出会うとなにかピリピリ感じて、目を合わさないようにというような感じだった。

こりゃ、怖いものだ。

子ども心に、そう思った。

でも、ほんとうはやさしいいい先生だったはずだ。ただ、私はある種の先入観をもって対処していた。いや、できた。なぜならば、私には兄貴たちがいたのだ。だから、情報がたくさんあった。その真偽は別にして、ある程度の対応はできたのだ。

こどもと学校の問題は難しい。

ときどき、ふと学校は行きたくないって思うのはだれしも同じだろう。

でも、かわいいあの子に遭えるからなんて・・・、そんなものだったかもしれない。

そいう小さな心を踏みにじるようなことが、現実にあったとすれば、なにか悲しい気がする。

こどもたちは強くなりたいと願っても、こどもはこどもであり、大きくなるまでの時間は短縮できないのだ。

そこをどう認識させていくのか。半分まではあほみたいでも、後半の5%で急激に伸びるのがこどもの特徴でもある。

いっぱいエネルギーを蓄えて、大きなパワーをインパクトをもって発するのが、子供たちではないのか。見守ろう。そういうことを、大人たちはみんなそうだったと教えてやろうではないか。

« 日本の政治・・・ | トップページ | 将棋NHK杯を見た・・・ »

コメント

Check my recent devise
http://arab.egypt.adultnet.in/?entry.zoie
opening tabloid pregnant hands app

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こどもと学校:

« 日本の政治・・・ | トップページ | 将棋NHK杯を見た・・・ »

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ