最近のトラックバック

« すごく大きなことをどう言えばいいのか・・・ | トップページ | ドジャース勝ち抜け・・・ »

期日前投票、混雑・・・

初めていった。

天候がすぐれない。理由はそういうことだ。

だが、もうひとつは、争点がすくないので、あらかじめ決めるしかないのだ。変わりようがないのだ。選択肢がないのだ。

落下傘候補では、いくら話題があっても、生まれは地元でも、なにか足りないようだ。

いつもは、いままでずっと、どちらかといえば労働者、リベラル、弱者の味方的な選択が多かったのだが、今回ばかりは争点がない。

保守、革新。

この二つならば、種々検討の余地がある。

だが、保守に違いないひとたちが、与党よりなのに野党の真似をしている姿が明確なので、なんとも中間という選択にはならない。野党第一党を分裂解散消滅させて、小型化してしまったのではないか。

小選挙区制度の目的である二大政党政治が根幹から崩壊してしまったようだ。これでは、選択の余地はない。

大衆はよくわかっている。この国の財政がこのままでは破たんすることを理解している。第一はやはり財政再建であろう。国家財政の健全化が、経済の発展に効果ありということではないか。順序がアベノミクスでは逆ではないのか。

個人所得と同じように、国家の懐具合が健全でないと、それは暮らしを疲弊させるということであろう。借金があっても問題ないとするやり方は決してよくない。常識であろう。でもそこにトリックがあるとか、公共の財政は破綻しないとかいろいろ言われる。でもバランスのしない方向にいくのでは、だめだろう。結局破たんする。その原因は、なんだろうか。

それは、きっと無限大に膨らむ防衛予算であろうか。際限ないはずだ。どんどんと増大して国民の安全安心を守るというような寝言をいっては、なんのための政治だと言わざるをえない。

だから、大混雑だった。期日前の投票所、長蛇の列にわが同行者は、帰ろう、雨の中の方がいいといった。だが、待たせて投票してきた。所要時間、往復含めて1時間半だった。

« すごく大きなことをどう言えばいいのか・・・ | トップページ | ドジャース勝ち抜け・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 期日前投票、混雑・・・:

« すごく大きなことをどう言えばいいのか・・・ | トップページ | ドジャース勝ち抜け・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ