最近のトラックバック

« パブリックビューイング(清水駅広場) | トップページ | ウソはいかん・・・。その理由とは・・・ »

与党びいきのコメンテーター

どうもテレビをみていて、この人、自民党の広報マンかって思ったほどだ。

にらみを利かしてコメントする。

局の職員の記者の厳しいコメントには、大きな声を出しそうな雰囲気になる。

こりゃ、みていてなにか胸糞がわるくなる。こんな言葉を使わないといけないなんて、やはり朝からはいやな気分だ。

まあ、なんとかキャスターがその辺は心得ているようで、ちらちらとディレクターの方をみながら、取り仕切ってはいるようだ。

でも、ここに金曜日の一茂氏が加わると、景色が変わるようだ。

司会者にとっては、もうひとつの地雷原が増えたようなものか。

そんなに真剣にはみていないのであるものの、すぐに贔屓筋はわかるものだ。

これは、いろんな意味でマスコミのネタ作りに使われるんだろうか。

報道関係者ってマスコミのひとだから、想像も創造もありだ。ねつ造はさすがにいかんだろうが、そこは倫理や責務感で当然、かわしているのだろうな。

テレビも中身の品質が問われる時代だ。コスト大事かもしれないが、ちゃんと責任ある姿勢で日々のことがらと、中長期的な視野で報道を持続してほしいものだ。

さもないと、視聴者に見放されようぞ・・・。

« パブリックビューイング(清水駅広場) | トップページ | ウソはいかん・・・。その理由とは・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 与党びいきのコメンテーター:

« パブリックビューイング(清水駅広場) | トップページ | ウソはいかん・・・。その理由とは・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ