最近のトラックバック

« 分かり易い文章 | トップページ | 老後貧乏 »

社会問題

団塊の世代はなぜ生まれたのか。
戦争の疲弊を回復する社会の要請だろう。
力を失うと、その挽回に精を出すのだ。
動物の世界でも同じだ。
なんらかの危機で仲間の数を失うと、その絶滅の前に回復のシグナルがかなでられるのだ。
でも、そのまま消滅することもある。たまに、復活することもある。
でも、いずれにしても、凸凹の波のしっぺ返しはやってくる。
幾度でも繰り返す波の力にどう対処するかなのだ。
増えることで回復する、それが今度はお荷物になる。
団塊の数が、そのまま老害のお荷物だと30年前に発言したしたひとが、最近なくなった。
堺屋太一という大臣も務めたひとであり、作家でもあり、社会学者でもあったようだ。

« 分かり易い文章 | トップページ | 老後貧乏 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会問題:

« 分かり易い文章 | トップページ | 老後貧乏 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ