最近のトラックバック

« 優勝劣敗に抗うのが世の常である | トップページ | 恐れずに声を上げるとどうなる・・・ »

財政規律:こどもにどう教える?

お国の財政は、借金過多だ。

それも世界一だという。

そんな台所事情の国家に住む俺たちやその子どもはどうすりゃいいんだろうか。

悩んでしまう。

俺たちはしょうがないとして、こどもにどう伝える。

そんなのはお前たち大人のバカがやったことだろう。

そんなことを言われるのではないか。

おかしいもんな。

ツケを次の世代へと回していくことをこれ以上続けていくと信用を無くする。

円の価値が消滅し、通用しなくなる。

ドルで・・・、いや中国の通貨が・・・。

そりゃ国家が消滅すれば、属領となって他国の通貨になる。

で、どうする。

このすごい緩い財政規律でいいのか。

ずっと続けるのか・・・、破たんするまでの話ではあるが・・・。

それしかない・・・なんだよと、こどもらに話すしかないな。

政治家はどうする。

みんな財政の専門家ではないから・・・とか言って、逃げるのだろうか。

では、なんなんだっていう話だよな。

民のために政治家を目指すとかなんとか選挙ではいっても、こりゃだめだな・・・。

どう教えるのだ。ちゃんと財政は収支の均衡がとれるように行うのだと・・・、まだ言えるか???

« 優勝劣敗に抗うのが世の常である | トップページ | 恐れずに声を上げるとどうなる・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 優勝劣敗に抗うのが世の常である | トップページ | 恐れずに声を上げるとどうなる・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ